ひな祭りの献立

五節句の一つに当たるひな祭りは、女の子にとって特別な日となるでしょう。

端午の節句はこどもの日とも言いますが、男の子への注目度が高く、双方は相対する存在と言えるかもしれません。
お祭りというだけあってひな祭りの日は特別なご飯を食べる事が多く、料理を作る側にとっては腕の見せ所です。

定番の献立からアレンジまで抑えておけば、子供の笑顔を一層引き出せるでしょう。

ひな祭り大定番の献立といえば、何をおいてもちらし寿司以外にありません。
簡単に作れて華やかな雰囲気が出せるパーティ料理として、ここは抑えておきたいですね。

トッピングによって雰囲気ががらりと変わるのも特徴で、子供向けから大人向けまで幅広いアレンジが可能です。
もちろんちらし寿司は定番なのですが、古くから伝わる献立としてははまぐりの潮汁があります。

はまぐりは二枚貝で互いがピッタリ合わさるため、そこから夫婦円満の縁起物として古くから珍重されてきました。
貝が大きくて綺麗、というのも重要かもしれませんね。

好きなふうに盛りつけて良いのいですが、ひな祭りの献立にするなら一対のはまぐりに対して二つの身を用意しそれぞれの殻に盛り付けると良いでしょう。

片方に身が寄っていると、夫婦のパワーバランスに影響するのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク