雛人形の桐の収納ケース

片付けが遅れると婚期を逃す、などという穏やかならぬ迷信のある雛人形ですから速やかに片付けましょう。
片付けるといってもソフビ人形ではないのですから、保管場所もしっかり確保しなければなりません。

代々受け継がれてきた雛人形を見たことがあるかもしれませんが、あれは特別に丈夫な訳ではないのです。
しっかりと管理されているからこそ長期間にわたって愛され続けており、そのカギを握るのは収納ケースかもしれません。

ずばり、最善かつ唯一無二の収納ケースは桐箱です。
よくあるプラスチック製の収納ケースではなく、桐箱のものを用意しましょう。

雛人形はたいへん高価ですから、取り扱いは慎重に行いたいものです。
飾ってひな祭りが終われば速やかに片付けたいところですが、片付けに適した日というものがあります。

いうまでもなく湿気は大敵なので、雨の日よりも晴れの日のほうが片付けるには都合が良いです。

桐の収納ケースは、少々高く感じるかもしれませんが雛人形が一生ものになるとしたらコストパフォーマンスは悪くないでしょう。
人形数が多いと収納しきれない事もあるので、収納ケースの大きさは購入前に把握しておきたいです。

実際に雛人形を収納するにあたって、どの程度の容量が必要か分かれば効率的ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク