京都の花見小路通は国際通りとも呼ばれている

祇園歓楽街の中心地と言えば、京都にある花見小路通で、魅力ある街として多くの人が訪れます。

花見小路通というのは、京都市の南北の通りにあり、北は三条通から南は安井北門通まで約1kmという長い区間を貫いています。


京都の花見小路通は、祇園の中心を通るメインストリートであり、四条通を境にして、北側と南側で雰囲気が大きく異なるのが特徴です。

四条通以北は居酒屋などが入居するテナントビルが立ち並んでいますが、四条通以南は、由緒ある茶屋や料理屋が立ち並んでいます。


花見小路通は、北は三条通りから南は建仁寺前までを南北に貫く1kmほどの小路なのですが、真ん中あたりで四条通とクロスしています。

四条通を境に雰囲気ががらりと変わるのが花見小路通の魅力であり、四条通の北側は居酒屋やスナック、バーなどが沢山立ち並んでいます。

一方、四条通を境にして南側は、舞妓さんや芸妓さんが活躍するお茶屋や料理屋などの祇園歓楽街でにぎわっています。


京都の花見小路通は国際通りとも呼ばれていて、京都市を訪れる外国人宿泊客数は、年々増加の一途を辿っています。

平成13年から14年にかけては、前年比60%以上の伸びを見せていて、まさに京都の花見小路通は、国際通りと呼ぶにふさわしい街と化しました。

京都でも屈指の観光スポットである花見小路通は、京都を代表する場所ですが、増加した外国人観光客に今や占拠されつつあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク