民泊と田舎

民泊というのは、ホームステイと同じような感じで、田舎の島の暮らしや生活を体験するための体験プログラムといってもいいかもしれません。

さまざまな日常の生活を体験できるのが民泊で、田舎の島の家族と共に体験することで、深い交流ができます。

田舎の民家や農林漁家の営む民宿にお泊りするのが民泊で、その土地の自然や文化、暮らしを丸ごと体験できるメリットがあります。

民泊は、まさに新しい旅のスタイルであり、ホテルや旅館に泊まる旅では得られない貴重な経験ができます。

田舎の民泊でおすすめなのは、沖縄県の読谷で、普段の沖縄の暮らしを味わうことができます。

美しいビーチとやちむんで有名なのが、沖縄本島中部にある読谷村で、沖縄の民泊として人気があります。
地元の民家に宿泊しながら、家族と一緒に村めぐりや郷土料理づくりを楽しむことができます。

沖縄の民泊では、サトウキビや紅イモの収穫などの農作業を体験できたり、やちむんづくりや三線の弾き方を習ったりできるので、非常に貴重な体験ができます。

京都府の京丹後での民泊もおすすめで、山奧の古民家でのんびりと田舎暮らしが体験できます。

日本海側に位置する風光明媚な観光地が京丹後で、山奥にひっそりと、農家民泊ほっこりが佇んでいます。
築180年の味わい深い古民家に泊まって民泊すれば、四季折々の自然の風景を楽しむことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク