睡眠不足と不快感と疲労感の解消

飛行機で外国出張や旅行をすると、必ずと言っていいほど、睡眠不足と不快感と疲労感に襲われます。
時差ボケやホテルでの不眠が影響して睡眠不足になり、不快感や疲労感が出てきます。

睡眠不足と不快感と疲労感の解消には、色々な方法がありますが、手っ取り早いのは、しっかりとよく眠ることです。

睡眠不足というのは、身体の中がどんな状態になっているのかは、まだよくわかっていません。
医学的、科学的にはっきりと解明されていないので、睡眠不足を解消するには、睡眠を取って、眠れなくても体をできるだけ休めるしかありません。

体に良くないのですが、一時的な対症療法として、多めのカフェインなどで神経を興奮させておくという方法もありますが、あまりおすすめできません。

人間の体は就寝中、昼間活動して消費したエネルギーを蓄えたり、不要になった細胞や組織の入れ替え修復をするので、睡眠が足らないと不快感や疲労感が出てきます。

体を横にして休めると、体を重力から解放する意味もあり、睡眠不足と不快感と疲労感の解消につながるのです。

肉体的疲労の原因は、エネルギーの不足や疲労物質の蓄積などがあるので、炭水化物をしっかり摂って、脳や体のエネルギー源を補給することも大事です。

そして、これらをエネルギーに変えるには、ビタミンB群やビタミンCが欠かせないので、主食、主菜、副菜をバランスよく食べることです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク