友チョコのお返しを職場で用意

文字通り友達同士で交換される友チョコは、バレンタイン風習の中では比較的新しいものです。
三倍返しなどと言われていた義理チョコとは異なり、基本的に等価でのお返しが暗黙の了解となっているでしょうか。

お菓子の種類について特別な決まりも無いようで、チョコレートに限るという事はありません。
職場の誰もがチョコレートを持ち寄れば流石に飽きてしまいますから、バリエーションを増やしてみるのも悪くないでしょう。

変に見栄を張って高いものを用意する必要はなく、安物のお菓子でも貰ったものと同じくらいの値段であればお返しの質としては問題ありません。

最近だと、職場の男性社員に配ったものの余りを友チョコとして女性に贈る事があるようです。
突発的な事態なので当日にお返しをするのは難しいですが、翌日かホワイトデーの機会で良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

友チョコに対して三倍返し?

友チョコに対して三倍返しをすると、来年からもそれを期待されてしまいます。

職場で配る義理チョコとは違い、はじめからお返しを期待されてのものではありません。
人間関係にこだわりがなければお返しをしなくても良いのかもしれませんが、やはり職場という環境を考えると用意しておくのが無難でしょう。

今年初めて貰ったのなら、来年は貰う事を想定して何か用意しておいても良いかもしれませんね。
お返しに日を空けるより、当日に交換できたほうが気は楽です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする