桜餅の道明寺

春を代表する和菓子のスイーツに、ピンクと緑の色合いが桜を彷彿とさせる桜餅があります。

とても美味しく、関東では俵型で長明寺と呼ばれているのですが、関西では丸形の桜餅で道明寺と呼ばれています。

関西風の桜餅が道明寺であり、そう呼ばれるのは、道明寺粉を用いているからです。

もち米を蒸して乾燥させ粗挽きしたものが道明寺粉で、大阪の道明寺で作られたことからそう呼ばれるようになりました。

道明寺粉で皮を作り餡を包んだまんじゅう状のお餅が、桜餅であり、関西では道明寺と呼ばれています。
桜餅の道明寺は、道明寺粉のつぶつぶした食感が独得で、道明寺もしくは、道明寺餅と呼ばれて人気があります。

関西では桜餅の道明寺が主流で、塩漬けにした桜の葉っぱで包むのと、中身があんこというのは他の桜餅と同じです。

関西風の丸い桜餅の道明寺が当たり前だと思っている人は、関東で違った形の桜餅を見ると驚かされます。
関西風の桜餠の道明寺は、道明寺粉をつかって作られるのが特徴で、道明寺粉を蒸して餅を作り、そこにあんを詰めます。

和菓子は上方が先のように思いますが、意外と関東の長明寺が桜餅のオリジナルで、桜餅と道明寺は、上方に伝わった際にアレンジされたものなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

桜餅の関東風

桜餅には2種類あり、関東と関西で呼び名が違います。

関東の桜餅は、クレープのような焼き皮製の生地であんこをそっとくるんだものですが、関西の桜餠は、つぶつぶもちもちの生地であんこをしっかり包んでいます。

どちらもふつうに桜餅と呼んでいますが、桜餅の関東風は、長命寺と呼ばれていて、関西風は、道明寺と呼ばれています。

桜餅の関東風は、小麦粉などの生地を焼いた皮で餡を巻いていて、見た目がクレープ状のお餅になります。
その歴史は古く、1717年、隅田川沿いの長命寺の門番である山本新六が、桜の落葉掃除に悩まされて考案して売り出されたのが桜餅の関東風の始まりになります。

そのことから、長命寺もしくは、長命寺餅と呼ばれるようになったのです。

桜餅の関東風の長明寺が実は、桜餅のオリジナルであり、道明寺は、上方に伝わった際にアレンジされたものなのです。

江戸風といわれる桜餅の関東風長明寺のピンク色の生地は、小麦粉が材料になっていて、道明寺と比べると、もちっとした食感があるのが特徴です。

関西風の桜餠道明寺は50gで 100kcalあり、関東風の桜餠長明寺は50gで 119kcalあります。
いずれも1個につき 100kcal 以上はあるので、おいしいからといって食べすぎると、すぐに 太ってしまいます(苦笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする