花粉症に対するレーザー治療

花粉症の治療にレーザーというのは、最近話題になっていて、たかが花粉症ですが、されど花粉症です。

花粉症に悩まされている人は、とてもしんどく、たかが花粉症では済まされないものがあります。
仕事中のくしゃみには困らされ、何とかならないかと思ってしまいます。

しかし、時期が過ぎると忘れてしまい、花粉症対策には、毎年後手後手へと回ってしまうのが常です。
そんな人におすすめなのが、レーザーによる花粉症の治療で、最近では色んなバリエーションがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

花粉症に対するレーザー治療

花粉症に対するレーザー治療は、基本は2種類で、鼻粘膜を照射するレーザー治療が中心になります。

まず、光破壊型レーザー治療があり、これは鼻の粘膜を焼くことで反応を起こさせないようにします。
麻酔20分、治療20分、ケア20分で、短い治療時間で費用も保険適応で7000円くらいです。

ただ、麻酔にはムラがあり、効果は60~70%くらいで、1?2年ほどの持続効果しかありません。

もう一つは、光融合型レーザー治療で、同じく鼻の粘膜を焼く方法なのですが、ミディアムレアに焼いて治療します。
従来は800度ほどの温度で照射するのですが、この方法は60度ほどで、ミディアムレアな感じで照射していきます。

花粉症には、低反応レベルレーザーによる治療もあり、非常に優しいレーザー治療になっています。

鼻の症状以外に、頭痛や肩こり、神経過敏、睡眠障害、めまい、動悸などがある場合にオススメの治療法です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする