卒業式に使えるストッキング

子供の晴れ舞台、と言えばやはり卒業式でしょうか。

どの段階での卒業式かによって思うところも違うでしょうが、父兄の立場として身が引き締まる思いです。
子供は制服を着れば式の準備は済みますから問題ありませんが、問題があるのは父兄のファッションでしょう。

万が一にも軽装で乗り込む方はいない、と思いますがフォーマル感を出すとしてどこまで染めるのが一般的か悩みます。

女性の場合はストッキングの色が問題で、たとえば黒にしてしまうとそれこそ葬式のような装いです。

71b66ff9caa6dce8674117b64de5a308_s
そもそも卒業式における父兄のファッションといえば、今はすっかりフォーマルが浸透しているでしょう。

一面真っ黒な様子は異様とも言えますが、厳粛な雰囲気の卒業式スタイルとしては馴染んでいる気もします。
フォーマルと言っても男親がフォーマルスーツを着ると、教師と見分けがつかなくなってしまうので気を付けましょう。

もちろんネクタイに黒は通常選ばれないので、ストッキングの黒も避けておくのが無難です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストッキングは何色?

ではストッキングは何色が良いか、素直に肌色を選んでおけば良いでしょう。

着るものにフォーマル感があっても、足元まで全て統一しなければならい事はありません。

ただ、ストッキングに限った話ではありませんが春だからと暖色を取り入れすぎると失敗しやすいので要注意です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする