リーシュコード サーフィン 長さ

リーシュが切れました。
前は切れるまで2、3年はもっていた感じでしたが、最近は1年保てばいい感じ。

以前はリーシュコードの途中で切れてましたが、最近は金具部分が切れる(腐食する?)ことが多いです。

最近は6’3″~6’9″のサーフボードで、波のサイズは頭少し上くらいまでで遊んでいるので、ショート用のリーシュコードでなくて、コードの径の大きい、ちょっと長めのリーシュをチョイスしてみようと検索してみました。


リーシュコード サーフィン 長さ


このあたりが参考になりました。

リーシュコードを買う時の注意点・長さ・太さはどれくらいなのか
『サーフィン リーシュコード』劣化事故・選び方・交換時期・点検/保存方法


で、楽天市場で

リーシュコード 7フィート

で検索


この中から、「送料無料! からみにくいリーシュクリエーチャー CREATURES PRO 7 クリエイチャー リーシュコード」をチョイス。

7フィートでコードの径が大きい7ミリのものをチョイスしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クリエイチャー リーシュコード プロ

この「からみにくいリーシュクリエイチャー リーシュコード CREATURES PRO 7′ DOUBLE SWIVEL」、波に引っ張られたときにモールド部分も微妙に伸びて、波のパワーを吸収し、切れにくくなっているのがよさそうです。

179770

リーシュコード CREATURES PRO 7′ DOUBLE SWIVEL
SIZE : 7フィート(2.1m)太さ7mm
カラー写真左から BLK/WHT,NAVY,CLR/WT,NEON ORG,NEON YEL
DNAフレックモールドを装備し耐久力がさらに増しました。
ダブルベアリングスウイベル
キーポケット装備

CREATURES DNA FLEX MOULD
今までなかった斬新なデザインでモールド部分が波の衝撃を吸収し、リーシュコードの耐久性がアップ
普通リーシュコードが切れるのは波のサイズに合わない太さのリーシュを使用したり、リーシュ の劣化によるモールドとリーシュの付け根部分から切れます。
DNAフレックスモールドは通常のリーシュと違いモールド部分とリーシュコードが上手くフィットしていて、負荷がかかった時に リーシュと一緒にモールド本体も伸びるようになっています。
この斬新なデザインにより通常のリーシュより大きな衝撃(波からのパワー)も吸収し、モールドの付け根部分から切れるのを防いでくれます。 柔軟性、強度にも優れており破損しにくいモールドデザインの誕生です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする