結婚できないから理想を下げるという選択

399012
夢ならばでかく持つに限りますが、理想となると現実的なラインを狙わなければなりません。
地に足が付かないのなら、今すぐに理想を下げる選択をするべきかもしれませんね。

たとえば,女性からしばしば聞かれる年収1千万というラインですが、この基準を満たす男性はほんの一握りしかいません。
ただちに結婚できない理由とするには不足もあるかもしれませんが、足かせになっている可能性は否めないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高すぎる理想

高すぎる理想はともかく、手が届きそうな理想を下げる必要は今すぐにはないでしょう。
誰だって結婚までスムーズにいく訳ではありませんし、それなりの時間はかかります。

ところで、男性に対する要求として年収一千万があるとして女性に等価を求めるとどの程度の要求になるでしょうか。

結婚できない理由は色々あるでしょうが、相手に対して上から目線の観察は少なからずチャンスを遠ざけています。


婚活歴が長いのに掲げた理想が高いままだと、チャンスは減る一方です。

男性にしても女性にしても年齢は理想の一翼を担うほどの重要ポイントであり、若い時から理想を下げる事を考える方はいませんね。

極端な話ですが29歳と30歳、39歳と40歳ではそれぞれ結婚できないと感じる度合いに違いがあります。
理想を下げるというより、再構築する必要がありそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする