ドライバーを飛ばしたい

ドライバーは、これまでの体験上、ソフトにグリップするというのがゴルフスイングにとって大事なことがよくわかりました。

ドライバーに身を任せること、そして飛距離は最大限を狙わないことが大切であることも実感としてよくわかりました。


ドライバーに身を任せるというのは、ドライバーの動きを邪魔しないゴルフスイングをしないという意味です。

クラブは長くなると、それだけ身体からのエネルギーがボールに伝わるまでの経路が長くなるので、クラブヘッドに伝わる流れを邪魔するゴルフスイングはしないことが大事です。


これも体験上わかったことなのですが、ドライバーなどの長いクラブはクラブに身を任せる方がよいということです。
ドライバーのゴルフスイングは、自分で制御すべき部分と、ドライバーの動きに任せるところをしっかり区分けすることを認識するといいでしょう。

ドライバーは、素人の場合、出来るだけ飛ばそうとスイングしますが、プロは決してそうはしません。


プロの場合、ドライバーの際、自分でコントロール可能な距離でしかショットしないので、その辺をよく考察するとよいでしょう。

プロゴルファーのドライバーの飛距離は、飛ばし屋と言われている人でも、270~285ヤードくらいです。
遠くへ飛ばすゴルフスイングをすると過度なパワーが入り、球筋にブレが出てしまうので、自分のドライバーショットの適正な飛距離をよく考える必要があると思います。


私も周りに比べて飛ぶ方みたいですが、当たったときで240~250ヤード。
やっぱ軽く振ってるようでプロのスイングはすごいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク