初心者は湘南

私が湘南でサーフィンを始めたのは、今年の春夏。
あれからもう、半年が経ちました。

はじめてのサーフィンは、腰越にある某初心者スクールでした。
それまで、ダイビングはやっていたのですが、サーフィンは本当に初めてで苦笑

たいして泳ぎも得意じゃないし、スノーボードをちょっとかじったことある程度で、やってみたい思いでした。

スクール入って大丈夫なの~??ってな感じで、しかも友達とじゃなく、一人で申し込んでかなり不安でしたが、
今では思い切って行ってみて本当によかったと思ってます。

某初心者スクールでは、本当に優しく教えてくれるのですが、私みたいなどんくさいのでも1回目で立てちゃったりするのです。
もちろん後ろからインストラクターさんが押してくれるんですけど。

だから、すぐにサーフィンが楽しくなって、やめられなくなっちゃうわけです。
楽しい仲間との出会いもあり、わたしのような初心者サーファーでも、いつの間にか生活の中心にサーフィンが来てしまいました。

毎日しあわせです。

初心者の方、サーフィンを始めたいなぁと思って悩んでいる方、自分で始めるのもいいけど、初心者スクールも悪くないと思います。
わたしとしては本当におすすめです。

わたしはまだ他のところをあんまり経験してませんが、湘南は初心者が練習するにはいい場所だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

波にのったあとの楽しみふたつ。

波乗りは楽しい。
というのは、乗ったことのある人じゃないと分からないと思います。

乗っているときも楽しいけれど、乗ったあとの楽しみ方は人それぞれ。
私は、乗ったあとの楽しみがたとえばふたつあります。

ん?ふたつ?

もっとあるけど、とりあえずふたつ書きます(笑)。

ひとつは、コーヒーを飲むこと。
季節は秋以降がいいです。

寒いくらいじゃないと、コーヒーのうまさが分からないですから。

夏だと全然だめ。
コーヒーは家からボトルに入れて持参します。
販売機の缶コーヒーはうまくないからという理由です。

よくいう洒落だけど、コーヒーを飲めばほっとする。本当にはーって感じです。
休憩するたんびにコーヒーを飲みます。
持参するのは500ミリ。
帰るときには全部なくなるから、結構飲んでることになります。

好きなひとつは、コーヒー。
で、もうひとつは、ビールです。

ビールの時は、もちろん運転は別の誰かがするときです。
今は飲酒運転なんてできない時代ですからねって、当然なんですが。

ビールを飲むときは、海から上がってサーフィンが終わったときです。
これも持参します。
500を2本。

半分位まで一気に飲みます。
それからゆっくり友達としゃべりながら、1時間くらいかけて、だべりながら2本目を全部飲みます。
その時間がまた、波乗りの時じゃないと味わえない時間となります。

波乗りは好きだけど、この時間がもしなかったとしたら、ちょっと物足りないかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする