子供が嫌がらない歯磨き法

ご飯を食べた後には歯磨きをしますが、子供は大人ほどうまく磨けませんね。

特に小さい頃は嫌がって歯磨きをしてくれない事もあり、親にとっては一つの試練と言えそうです。
嫌がるから短時間でパパっと済ませよう、というのは結局のところ歯磨きが雑になってしまいます。
逆転の発想で、嫌がらない歯磨きの方法を考えてみましょう。

まずポイントとして、大人と子供とでは感覚に大きな違いがあるという事を把握する必要があります。

自分がそうしているように、子供にも同じ感覚で歯磨きをすれば嫌がらない方が珍しいかもしれません。
痛みを感じたり嗚咽が出たり、こうなると歯磨きどころではなくなります。

嫌だという思いを一度してしまうと、なかなか克服できません。
嫌がらないようにするため、歯磨きは楽しいという印象を持たせる事も重要です。

子供にだけ歯磨きをさせようとするのではなく、自分も一緒にするというのは有効でしょう。

親が気持ちよさそうにしていれば、子供もそれに対して興味を持ちます。
歯磨きを嫌がらないようにするためには、まず嫌がる理由を考えてみましょう。

子供向けに様々なフレーバーの歯磨き粉が用意されているので、上手く使ってみたいです。
歯磨き特有の匂いが嫌、という子供は少なくありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク