民泊と東京オリンピック

今、民泊と東京オリンピックが話題になっていて、それは、東京五輪では、ホテル1万室か不足すると懸念されているからです。
東京オリンピックに備えて、都内では、民泊のルールづくりが進行しています。

厚生労働省と国土交通省は、東京オリンピックのために、自宅などの空き部屋を使った民泊のルールづくりに動き出しています。

民泊は外国人旅行客らの手軽な宿として広がってきた実態があるのですが、旅館業法では原則としてまだ認められていません。

しかし、東京オリンピックは、深刻なホテル不足が懸念されるので、民泊で対応するしかありません。

a1180_017032_m

民泊が商売敵となるホテルや旅館を所管する観光庁も、東京オリンピックのために、民泊を推奨しています。
民泊は、宿泊施設を短い時間で増やす意味では非常に有効で、都市部での宿泊施設不足に対応する策として注目されています。

最近は、外国人旅行客が急増している影響もあり、大阪、東京、京都、福岡など11都府県では、ホテルの客室が足りなくなるという不足の事態が生じています。

東京オリンピックに向けて建設が進む新しいホテルもありますが、それを見込んでも、全体で約1万室が不足する計算になるので、民泊対策は必須なのです。

東京オリンピック開催に向け、大田区では個人宅の空き部屋を宿泊施設として貸す民泊を認める条例を制定する方針を先頃、明らかにしています。
「Airbnb条例」ってやつですよね。

旅館業法に関する規制緩和のときの要件の、部屋の床面積が25平方メートル以上、出入り口に施錠ができる、施設の使用期間が7~10日(なぜ短い期間じゃ駄目なの?)、滞在者名簿の保管義務などを盛り込むようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク